トイレリフォームする際の便器の選び方

排水管 水漏れなどのトラブルがトイレで起きているのなら、修理だけでなく交換するのも一つの方法です。今では多機能性の便器も出てきているので、長期的に見れば交換したほうがむしろお得なケースも多いです。もしトイレリフォームするのなら、便器をどう選ぶかについて詳しく見ていきます。

■お手入れしやすいものを選ぶ

便器選びの中でポイントになるのが、手軽にお手入れできるものです。共働きや一人暮らしの方の場合、マメにトイレ掃除もできないという人もいるでしょう。そのような方のために掃除の楽な便器も出てきています。例えばフチなしタイプです。従来の形状だと、縁の裏は手が届きにくく拭き残しが起こりやすかったです。この縁の部分がなくなったためにぐるっと1周拭くだけでくまなくきれいにできます。そのほかには防汚素材を使うことで、そもそも汚れがこびりつかないように工夫されている機種もあります。


■便利機能の付いているものを探す

近年の便器の中には、便利な機能の搭載されているものも見受けられます。例えばふたのオート開閉です。人の動きをセンサーが感知すると自動的に開閉します。自分で開け閉めする必要がないです。そのほかには内部をライトで照らせるモデルも出てきています。夜間用を足すときに暗闇の中でも場所を確認できます。部屋の照明をつけるとまぶしくて眠気を覚ましてしまうこともあるでしょう。しかしやさしい明るさで位置を照らしてくれるので、夜中何度かトイレに行く人はこちらに交換するのも一考です。



■まとめ
トイレは長年使い続けていると、配管などの劣化で水漏れなどのトラブルが起こりやすくなります。修理で対応できる場合もありますが、もし古いモデルを使い続けているのであれば、上で紹介した機能性のアップした新しいものにトイレリフォームするのも一考です。業者と相談しながら、どう対処するか決めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ