和式をトイレリフォームしたほうがいい理由

自宅のほかにも、公共施設でも近年は洋式トイレが普及し、和式トイレを見る機会は少なくなりました。2008年時点で総務省の調査によると一般住宅の洋式トイレ保有率は89.6%に達しています。もし築古の住宅で和式の場合、洋式へのトイレリフォームを検討してみるといいです。なぜ交換したほうがいいか、代表的な理由についてまとめました。

■修理が大変

洋式と比較して、和式トイレは故障した際の修理が大掛かりになることが多いです。これは設置方法が関係しています。洋式の場合、簡単に取り外しができます。しかし和式の場合、埋め込み式となっています。このため取り外しをするだけでも大変です。また水の勢いで洗浄するタイプが中心です。このため、もし便やトイレットペーパーが何らかの理由でうまく流れないと、詰まりを誘発しやすいのもデメリットといえます。


■掃除に手間がかかる

洋式と比較して、こまめに掃除をする必要があるのも和式のデメリットの一つです。これは便器の構造が大きく関係しています。洋式と比較して、便器の槽が浅くなっているので、排便すると臭いが立ちやすいです。換気や掃除を頻繁に行わないと悪臭がこもりやすく、衛生的な問題が出てくるでしょう。また水圧の強いところであれば、水洗した際、汚水が周辺に床に飛び散ってしまうことも考えられます。掃除をこまめに行えなければ、メンテナンスの楽な洋式へのトイレリフォームを検討しましょう。



■まとめ
和式の場合、不便な面は少なくありません。和式のトイレはその構造上、床面に埋まっていたり、縁が浅いことから便器周辺の床が汚れやすいといったデメリットがあります。こうした問題を解決する場合には洋式への交換がおすすめです。水道業者の中にはこのようなリフォームに対応しているところも多いです。このようなところに一度相談することです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ